読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明海大学ジャズ部 公式ブログ

千葉県浦安市にて活動する明海ジャズ部のブログです!現在は各部員が更新しています。

夏休み特別強化練習が行われました!

皆様こんにちは!明海ジャズ部です。大学が夏休みに入ってからもジャズ部は部室に集まり、継続して練習しています。

明海ジャズ部では先日の特別レクチャーに続き、8/12〜14、浦安の音楽スタジオ、「J'z Studio」さんにて、夏休み特別強化練習が行われました。内容は椎名監督と特別講師の方々による三日間の集中レクチャーと、さらに今回のレクチャーを最後に台湾から留学中の部員、何人豪くん(Tp)が帰国されるということで、仕上げた曲の演奏を動画に収め、記録に残すことを目標としたものです。

三日間、椎名豊監督、本川悠平さん(b)、先日のレクチャーにも来ていただいたリオネル・ボカラ氏(ds)、又アルトサックスの講師として、12日にはフランスよりピエリック・ペドロン氏、13、14日には中島朱葉さんという、本当に素晴らしい講師の皆様に、長時間にわたりレクチャーをしていただきました。
本川先生は以前より月に一度明海大学でベースの個人レッスンをして頂いていますが、今回初めて部全体の演奏にもご指導頂くことができました。リズムセクションの演奏や曲の構成自体についても細やかにアドバイスを頂き、「演奏者がしたい演奏ではなく、聞いて下さる方にとって良い演奏にすること」を目指した曲のまとめ方を教えて下さいました。
リオネルさんは長時間に渡ってドラム担当の部員と向き合って下さり、楽器の基礎からアドリブに至るまであらゆる面から真摯にご指導頂きました。
ピエリックさんは部員の目の前で実際に演奏して頂き、全身で音楽を表現してくださるだけで「とにかく情熱を持って演奏するように」というお言葉の通り、スタジオの空気が変わるのを肌身で感じられました。
若手として活躍なさっている中島さんは部員と年齢も近く、同時に経験豊かなプレイヤーでもいらして、あらゆる視点からのアドバイスを下さいました。「"お勉強"と思わず、ジャズを楽しむこと」というお言葉に部員も皆感銘を受け、今後も長くジャズを続けていきたいという気持ちを新たにしました。
そして日頃よりご指導頂いている椎名監督からは理論、曲としての基礎、アドリブのボキャブラリーなどジャズを演奏する上で必要な技術を一つ一つ、時間をかけてご指導頂きました。

ご多忙の中、一日六時間にわたるレクチャーにお越しいただいた講師の皆様、本当にありがとうございました!又、多くの面でサポートしてくださったJ'zスタジオ様、こういった機会を与えてくださった関係者の皆様に心より御礼申し上げます。
f:id:meikai-jazz:20140821150220j:plain
f:id:meikai-jazz:20140821150248j:plain
f:id:meikai-jazz:20140821150429j:plain
f:id:meikai-jazz:20140821150348j:plain
f:id:meikai-jazz:20140821150408j:plain

強化練習の成果である演奏を記録した動画は後ほど改めてこのブログにもアップロードさせて頂きます。ぜひご覧下さい。