読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明海大学ジャズ部 公式ブログ

千葉県浦安市にて活動する明海ジャズ部のブログです!現在は各部員が更新しています。

英国のジャズアーティスト エド・ジョーンズとデイモン・ブラウン両氏が来学指導

 

f:id:meikai-jazz:20130329184927p:plainf:id:meikai-jazz:20130329184934p:plain

2010年4月26日、世界的に活躍するジャズ・ファンク・バンドのメンバー、コンポーザー、バンド・リーダーとしても優れた才能を発揮するサックス奏者エド・ジョーンズと、英国を中心に活躍するトランペッター、デイモン・ブラウンの両名が、日本ツアーの合間を縫って明海大学浦安キャンパスに来学、ジャズオーケストラ部の部員にジャズ奏法の音楽指導をして頂きました。突然の来学に、部員達は興奮気味でした。

ジャズを愛する日本の大学生の姿に、両名は喜びを感じていたようです。指導ぶりも素晴らしく、短時間の指導で部員の技術も格段と進歩したことを実感できました。

練習後、新浦安で歓迎会を行い、ジャズの話で盛り上がりました。また会える日を楽しみにしています。

高校生のためのJAZZ Orchestra公開指導教室 〜スウィング・フィールと生きたニュアンスを学ぼう!〜 は大盛況!!

 

f:id:meikai-jazz:20130329184636p:plainf:id:meikai-jazz:20130329184647p:plainf:id:meikai-jazz:20130329184713p:plainf:id:meikai-jazz:20130329184729p:plain

2010年3月26日、浦安キャンパス30周年記念館学生ホールで、ジャズオーケストラ部主催の公開指導教室が開催されました。春休みのため、高校でジャズに取り組んでいる生徒さん達にも声をかけ、椎名豊さんをはじめとする日本のプロジャズプレイヤー6人を迎え、ジャズレクチャーコンサート、個別指導、参加者全員によるジャズセッションなどの盛り沢山のプログラムでした。初めての企画でしたが、評判は上々でした。

参加した高校生は40名を超え、全員のセッションで会場は最高潮に。参加した高校生は「貴重な経験だった。JAZZがさらに楽しくなった」。

学内感謝ジャズ特別演奏会を開催 〜楽器寄贈の教育後援会・同窓会へ感謝〜

f:id:meikai-jazz:20130329184155p:plain

2009年9月14日、教育後援会からグランドピアノが、同窓会からコントラバス、ドラムセット、電子ピアノなどの楽器類が大学に寄贈されたことから、ジャズオーケストラ部の活動に対する支援の感謝の意味を込めて、ジャズ特別演奏会が大学関係者を招いて開催されました。当日は学長、教育後援会長、同窓会長以下、約120名の教職員等が参加の中、椎名豊トリオがジャズのリズム構成などわかりやすい解説を織り交ぜての演奏会で、大変好評でした。演奏会終了後、参加者のある方の言葉「自分の魂がよみがえるような感じだったよ」という感想の言葉が忘れられません。

椎名監督、ヤマハ掛川工場へピアノ選定

f:id:meikai-jazz:20130329183459p:plain

f:id:meikai-jazz:20130329183254p:plain

ジャズを頑張りたいという部員たちの思い。これを知った学生の保護者会である明海大学教育後援会が、明海大学浦安キャンパスにグランドピアノを寄贈することになりました。学生の保護者の方々の応援を感じる出来事でした。場所や管理など寄贈されたピアノを受け入れることについて大学側も了承。かくして、素晴らしいグランドピアノを手に入れようと、ヤマハ株式会社様にご協力頂き、2009年8月21日にグランドピアノを選定させて頂きました。

選定人はもちろん、ジャズピアニストである椎名監督。顧問とヤマハミュージック東京の篠原氏が同行し、選定することになりました。

場所は、静岡県掛川市にあるヤマハ株式会社掛川工場に隣接する選定施設「ハーモニープラザ」。

日本のピアノづくりの現場を知り、その裏話や苦労などをお聞きしました。ピアノは生き物です。ピアノ職人が時間をかけて手作りで製作している想いを感じながら、選定いたしました。